◇昨年のバレンタインデーの手作りチョコレートは失敗作でした(後日談)

緑青
私の毎年のバレンタインデーは、
愛を告白するとか心がときめくような日ではありません。
(なんかちょっと寂しい…)

自分が作った手作りチョコを、
休憩時間に仕事先の人と試食するのが
恒例となっています。

昨年作ったのは、これ↓
DSCN3628.jpg
オレオ入りのトリュフチョコレートです。

けっこう上手く出来たかなと思ったけど、
実は去年は失敗作でした。

↓2015年のオレオ入りのトリュフチョコレートを作ったときの日記です
http://ryokusho2012.blog.fc2.com/blog-entry-318.html


◇失敗その1 
トリュフの一粒の大きさが肉団子並みに大きすぎるので、食べにくい

チョコレートが大好物の人に
いつも食べてもらって感想を聞くのですが、
去年は箱を開けてもらった瞬間に
「でかっ!」と言われました。

作っているときには夢中で気づかなかったのですが、
改めて見てみるとトリュフチョコの一粒の大きさが
ボリュームのある肉団子並みです。

去年チョコを作ったときのブログを読み返して見ると、
400グラムのチョコを材料に使って、
25個から30個ほどのチョコに丸めていました。

女性の口ではとてもじゃないけど
一口、二口では食べきれない大きさです。

男性でも、
かぶりつかないと食べられないと思います。

この大きさに大笑いされてしまいました。

ラッピングに使った箱は100均で買いました。

原因を考えてみると、
この箱はチョコを入れる一マスが大きいので、
その大きさを意識してトリュフチョコを丸めたのです。

あー、やってしまった…。


教訓 
いまさらですが、トリュフチョコレートは適度に食べやすい大きさに丸めるべし



◇失敗その2 
オレオを入れたので、かなり甘いトリュフチョコレートになった

これは好みによると思いますが、
ナビスコのオレオをトリュフチョコレートに入れると
かなり甘く仕上がります。

いつも試食を楽しみにしてくれる女性は、
ビターのほうが好みだったのを知ってはいたのですが、
「ちょっと甘すぎる…」と言われてしまいました。

トリュフチョコの仕上げには
ココアパウダーをたくさんまぶしているので、
甘さが押さえらるかなと思ったのですが、
ビターが好きな人には甘すぎたようです。

ベースのチョコレートがミルクチョコレートだったのも、
甘すぎた原因でした。

しっかり甘い風味が好きな人は、
ミルクチョコを使ってもいいと思います。


教訓 
ビターなチョコレートが好きな人には、ベースに使うチョコもビターのほうがいいかも


結局2015年は失敗作になってしまいましたが、
巨大なトリュフチョコの大きさに笑いながら、
ブラックコーヒーを飲んでいました。

コーヒーには合うと思いますが、
次回はもっと改善したいです。

そう思いながら、もう2016年です。


↓2015年のオレオ入りのトリュフチョコレートを作ったときの日記です
http://ryokusho2012.blog.fc2.com/blog-entry-318.html


大笑いしながらも自分が作ったチョコを食べてもらえるのって、
うれしいものですよね。

久々のブログ更新となりました。
ご訪問ありがとうございます。
2月になってしまいましたが、今年もよろしくお願いいたします。

関連記事
緑青
Admin: 緑青

買ったもの、読んだ本などを中心に写真付きで紹介している日記です。

↓ポチッと応援していただけると、とても嬉しいです



人気ブログランキングへ

御訪問ありがとうございます。