「おやつで元気」シリーズの「レーズンミックス」をウイスキーに漬けました (その2)

緑青
前回の日記の続きです。

さっそく、「おやつで元気」シリーズの「レーズンミックス」を
ウイスキーに漬けました。
DSCN2908.jpg

ウイスキー(洋酒)に漬けたレーズンは、保存できるので便利です。
洋酒漬けのレーズンを
焼き菓子やチョコレートの手作りのお菓子に入れると、
香りが良くてとてもおいしいです。
レーズンが洋酒に漬かってできたシロップは甘みが出ているので、
熱い紅茶に入れて飲んでもおいしいです。

準備したのは、「レーズンミックス」2袋と、
自宅にあるウイスキー適量(今回は「ブラックニッカ クリア」)、
蓋つきの保存ビンです。

<作り方>
まず、保存ビンを熱湯消毒しておきました。

鍋にお湯を沸かします。

沸騰したお湯の中に、袋から開けた「レーズンミックス」を入れて、
軽くかき混ぜて30秒ほど湯がいて、
植物油のコーティングを落とします。

ざるに上げて、水気をしっかり切ります。
DSCN2923.jpg

熱湯消毒しておいた保存ビンにレーズンを入れて、
ウイスキーを注ぎます。

湯がいたレーズンは洋酒をどんどん吸い込んでいくので、
レーズンが被る程度までウイスキーを入れて、
出来上がりです。
DSCN2938.jpg
ウイスキーを注いだ直後のレーズンはまだ固めですが、
洋酒を吸ってふっくらしてきます。
少し時間がたったら、このまますぐに使い始めてもいいし、
洋酒に漬けたまま保存できます。

私は2、3日漬けて置いてから使っています。
1週間ほどたつと、とてもおいしくなります。


・保存するときのポイントは、
腐敗を防ぐために清潔な保存容器を使って、
必ずレーズンが被るまで洋酒を入れておくことだと思います。
洋酒の量が減ってきたら、継ぎ足します。

・洋酒は、ラム酒、ブランデー、ウイスキーなど、
お好きなもの、家庭にあるもので作ることができます。
私は「ブラックニッカ クリア」(アルコール分37%)を使っています。

・ラムレーズンをお酒のおつまみに食べるのが好きな方は、
とても簡単なので、自分でラム酒に漬けておくと、
保存がきくおつまみになります。

>> レーズンミックス 楽天市場

オーブンでお菓子を作るのが楽しい季節になりました。
自分でウイスキーに漬けたミックスレーズンで、
お菓子を焼くのがとても楽しみです。


お読み頂きありがとうございます。


関連記事
緑青
Admin: 緑青

買ったもの、読んだ本などを中心に写真付きで紹介している日記です。

↓ポチッと応援していただけると、とても嬉しいです



人気ブログランキングへ

御訪問ありがとうございます。