丸永製菓の白くまアイス「九州名物 白熊」のシンプルな味わいが病みつきになっています

緑青
白くまアイスって、とてもおいしいですね。

スーパーで見つけてから、
丸永製菓の「九州名物 白熊」が大好きになりました。

「白熊」(白くま)をネットで調べていると、
由来は諸説あるようです。

丸永製菓のホームページによると、
「白くま」は鹿児島の喫茶店が発祥で、
その喫茶店では「フルーツをトッピングした練乳たっぷりのかき氷」を
「白くま」と呼ぶようになったそうです。
http://www.marunaga.com/7seihin/sirokuma/f_siro.htm

丸永製菓の「白くま」シリーズにはいろいろ種類がありますが、
このカップに入った「九州名物 白熊」は、
サクサクした食感のかき氷タイプ(氷菓)です。

ふたの白熊の絵柄もかわいいです。
DSCN1961.jpg

トッピングは、みかん、ゼリー、小豆です。
DSCN1971.jpg

私は真ん中のオレンジ色のゼリーが好きなので、
いちばん先に練乳味のかき氷と一緒に食べるのが楽しみです。

練乳の優しい甘さのかき氷が、
トッピングの冷たいみかん、甘い小豆と、とても合います。

スプーンで崩しながら食べていると、
かき氷のサクサクといい音がして、
氷の粒が細かくて、おいしいです。

(アイスクリームすきだもん 楽天市場)


「白熊」のシンプルな味わいが病みつきになっていて、
この夏は猛暑なのを言い訳にして、何度も食べています。

鹿児島を旅行して、フルーツがいっぱいのった
本場の「白熊」のかき氷を食べてみたいです。


お読み頂きありがとうございます。


関連記事
緑青
Admin: 緑青

買ったもの、読んだ本などを中心に写真付きで紹介している日記です。

↓ポチッと応援していただけると、とても嬉しいです



人気ブログランキングへ

御訪問ありがとうございます。