夏になると固形タイプ(プレスド)の「資生堂ベビーパウダー」を使っています

緑青
子供の頃は汗疹になることがほとんどなかったのですが、
ここ数年、夏になるとあせもができるようになりました。

大人でも汗疹になるんだなあと、
自分が経験してからわかりました。

固形タイプ(プレスド)の「資生堂ベビーパウダー」を
使っています。
DSCN1898.jpg


私は仕事で襟付きのシャツやブラウスを着るのですが、
首に汗疹ができると、けっこう痒いのです。

汗疹になってしまうとなかなか治らないので、
予防が大事だと学習しました。

最近は暑いし汗をかくので、
お風呂上りと出かける前に首筋にパタパタと
パフでベビーパウダーをつけています。

「資生堂ベビーパウダー」は固形なので、
持ち歩きにも便利で、
パフで体につけても薄付きで真っ白な粉だらけにならず重宝しています。

私はベビーパウダーをつけているほうが、
汗をかいてもサラッとしていて汗疹になりにくいようです。

大人になってからベビーパウダーのお世話になるとは
思ってもいなかったのですが、
今ではひじの内側やひざ裏などにもパフパフつけています。

ねじって蓋を開けると、
やさしいミルクのようなバニラのようなほんのり甘い香りがします。

体につけるとほとんど匂いを感じないので、
香りが苦手な方にも使いやすいと思います。

首にベビーパウダーをつけていると
シャツの首周りに汚れが付きにくい気がするので、
洗濯するときはちょっと嬉しいです。

(bi-sai 楽天市場)


毎日蒸し暑くて汗で体がベタベタしますが、
ベビーパウダーで乗り切ろうと思います。


お読み頂きありがとうございます。


関連記事
緑青
Admin: 緑青

買ったもの、読んだ本などを中心に写真付きで紹介している日記です。

↓ポチッと応援していただけると、とても嬉しいです



人気ブログランキングへ

御訪問ありがとうございます。