さっぱりしておいしかった「セロリの三五八漬け」 (ビニール袋で簡単) - 緑青の日記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
--.--.--|コメント(-)トラックバック(-)Edit

さっぱりしておいしかった「セロリの三五八漬け」 (ビニール袋で簡単)

☆先日、さっぱりした漬物が食べたくて、
「セロリの三五八漬け」を作ってみました。

自分なりに、ビニール袋で漬ける
三五八(さごはち)漬けの要領が掴めてきたので、
なかなかおいしくできました。

ビニール袋で漬ける方法だと、
刻んだ野菜になじむ位の量の三五八があれば
簡単に三五八漬けができます。


☆ビニール袋で簡単にできました

セロリを洗って、筋を取って刻んでから、
三五八とセロリをビニール袋に入れて、
袋の上からよく揉みました。

空気を抜いてビニール袋の口を結んで、
冷蔵庫に入れておきました。

セロリは硬いので
漬かるまで時間がかかるかなと思っていたのですが、
2、3時間で漬かりました。

DSCN1467.jpg


☆セロリのさっぱりした味と香りと
三五八のまろやかな糀の風味がおいしかったので、
また作りたいです。

糀和田屋の「さごはち」(こうじ一夜漬けの素)を使って、
5月に初めて仕込んだ三五八漬けの漬け床も、
日々いろいろな漬物や料理の味付けに使っていたら、
二か月であっという間に使い切りました。

三五八の漬け床は冷蔵庫に保存して
使うたびにかき混ぜるだけで手間がかからないので、
病みつきになりました。


>>「三五八漬の素」を検索する (楽天市場)


これから夏野菜がどんどんおいしくなる季節なので、
また三五八漬けの素で漬け床を作ろうと思います。


お読み頂きありがとうございます。


関連記事

タグキーワード
  • No Tag
2013.07.21|コメント(0)トラックバック(-)Edit
コメント
非公開コメント

Copyright © 緑青の日記帳 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。