つけもとの「塩麹 粉末タイプ」を使って、簡単に塩糀を作ってみました

緑青
三五八(さごはち)漬けに挑戦してから、
ずっと「塩糀」が気になっていました。

三五八も塩糀も材料が似ているので、
まずは一度作ってみようと思い立ちました。

今回は、つけもとの「塩麹 粉末タイプ」を使って、
簡単に塩麹を作ってみました。
DSCN1505.jpg
佐久麹と赤穂塩を使っているそうです。
おいしそうです。

DSCN1508.jpg
つけもとの「塩麹 粉末タイプ」の原材料は、
米麹、食塩、米粉です。

三五八漬けの漬け床と、材料が似ています。

DSCN1546.jpg
袋を開けると、さらさらした粉末状になっています。

タッパーに粉末を入れて、さっそく作りました。

作り方はとても簡単です。

パッケージの説明書き通りに、
お湯(50~60度くらい)100ml入れて、良くかき混ぜます。
DSCN1550.jpg

「ふたは緩く閉めて」と書いてあったので、
タッパーのふたを軽くかぶせて置きました。

今は真夏なので、
冷めたところですぐに冷蔵庫に入れておきました。

冷蔵庫で保存しながら、1日に1度は軽くかき混ぜて、
1週間たちました。

DSCN1556.jpg
もともと粉末状なので、
できあがりがトロっとしたペースト状になりました。

ほとんど麹の「つぶつぶ」を感じないので、
ツブツブの食感が苦手な方は使いやすいような気がします。

お湯を入れて混ぜるだけだったので、
拍子抜けするほど簡単でしたが、
出来上がった塩麹ペーストの量が少ないので、
すぐに使い切ってしまいそうです。

(インテリア×生活雑貨 八風堂 楽天市場)


次回はこの塩麹ペーストを使って、漬物を作ろうかなと思います。
食べるのが楽しみです。


お読み頂きありがとうございます。


関連記事
緑青
Admin: 緑青

買ったもの、読んだ本などを中心に写真付きで紹介している日記です。

↓ポチッと応援していただけると、とても嬉しいです



人気ブログランキングへ

御訪問ありがとうございます。